2009年11月01日

異論反論OK!コメントよろしくお願いします!

2日連続で更新します。(珍しいっていうなww)

書き込みがあったので・・・
今日は、それに対する反応ですね。

>問題は、世界最低の教育です。

ほむ・・・最低ですか。

>子供達の就職難、貧困の原因は、日本の教育の質にあります。
>知識時代に、受験競争で時代遅れの知識を詰め込ませ、世界最低となった大学に進学させ、外国語もIT能力も金融や法知識もない若者を育てれば、就職できず貧窮するのは当然です。

教育の質ですか・・・
外国語もしゃべれる、IT能力あり、金融知識あり、法知識ありの30代でも就職できないのは、なぜでしょう?


>各地の母親グループやPTA等が「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読む活動を始めたのは、大きな危険に気付いたためです。
>すべての親にとって、子供が低所得者となり、結婚できず、ホームレス、ネットカフェ難民になることが、現実の問題となっています。

すべての親は言いすぎだと思います。低所得者じゃない親もいるんだし

>そのため、子供を守り、家庭を守り、生活を守るために、教員に質の高い教育を要求し、政治家に教育システムの根本改革を求める運動が始まりました。

質が高い教育とは何のことでしょう?ITが出来ること?金融が出来ること?外国語がしゃべれること?法律がしゃべれること?
違うと思います・・・


>親や若者の行動は、全国に拡大していきます。なぜなら、質の高い教育を受けることが、生き残るために必要不可欠な時代となったからです。
>必要が、発明も革命も生み出します。

うーむ・・・ニーズが発明を生み出し、革命を起こすって事だと思いますが本当の発明は、ニーズがないところから生まれる気がしますね。
ニーズというより人間が持っている欲望ですね。


さてと・・・当方の突っ込みも終わったところで・・・
当方の意見も申しますか・・・

世界的に見て日本は高水準の教育国家です。
文盲の人は極端に少ない。コンビニの店員でも暗算ができる。
また、日本人独特の感性として他国の文化を自分の文化に昇華させる技術もあります。
中国やロシアのように国に都合のよい歴史などを教育しませんし、韓国のように嘘の歴史を教え込む必要もありません。
世界史を見れば、他国文献でも自分が教えられたことの正当さがわかると思います。
この結果、日本の教育水準はきわめて高いと思います。
確かに、問題提起されているように教育には色々問題がおきてます。
モンスターペアレンツや授業中たって歩くなど・・・
それはなぜおきたのでしょうか?
我々が幼少の頃は鉄拳制裁などしつけの一部も現場で行われてました。
悪いことしたら殴られる。怒られる。普通でした。
今、教育現場では、しつけのためといえ殴れません。
すぐに教育委員会に言われて首です。
そうやって、自分らの首を絞めていった結果がこうなったと思います。

質が高い教育ってなんでしょうか?
たぶんですが、知りたいことに周りの大人が協力する教育ではないでしょうか?
自分の力で考え、論理構成をし、他人と議論できる・・・
大学進学率が高い低いではなく、なぜなに?に答えられるのが人間としての力が高いと思います。

あと、外国語しゃべれる。ITできる。金融財政知識がある。法知識がある・・・これはあくまで副産物です。
コミュニケーションができなければ無用の長物です。はっきり言います。日本でいる限りコミュニケーションが必須です。
法知識って言いますが、何の法律だが???憲法?民法?会社更生法?労働基準法???それによって違いますよ。社会でて、メインを張ったことがある人ならば、どれかしらの法律、法令など引っかかってくるはずです。最近では労働基準法かなww

最後になりましたが、教育システムの変更を政治家に求めても無駄でしょう。今、保育園、幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生はどうなるのでしょうか?
一定期間たたないと教育システムの変更なんて難しいと思います。
ゆとり教育の失敗もあるし、難しいと思います。
どうするか?って言う質問にはこう答えます。
「自分の子供に受けさせたい教育を選び、そこに行かせなさい」
私立だろうが、海外だろうが・・・そう思います。
出来る出来ないは知りません。できねーだろ?って言う人はやめなさい。子供のために昼夜関係なく働いていれば誰かが助けます。
まだそういう世の中です。

乱文になりましたが、ご意見などあればコメントにお書きください。

P.S.竜ちゃんのレベルならあのぐらいはいけるはず・・・がんばれw
posted by kyodai at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。